ネイルサロンでネイリストのお仕事をと思っている人も多くいると思いますが、私もネイリストのお仕事がしたいと考えています。

友人が新宿の郊外で自宅を利用してネイルケアやネイルアートを施術していますので私も資格をとってと思って資格について調べて見ました。

ネイリストは特別な国家資格や公的資格は無いようですが、民間で運営されている団体がありまして団体が行う技能検定試験を受験して合格された人がネイリストとして認定されます。

職業としては特にネイリストの認定がなくてもお仕事はできることになっていますが、ネイリストとしてアピールすることやネイルサロンでお仕事をするためには必要な条件になってくると思います。

ネイリストの技能検定試験には1級から3級までのランクがあり1級の試験に合格するためには国際ライセンスと同じような知識や技術が優れていて、プロとしてサロンで高度な施術ができるレベルあることが合格の基準となっているようです。

1級の試験に合格して認定されますと、人気のネイリストを目指すこともできますし、将来はネイルサロンを開店することも夢ではないと思いますよ!

憧れのネイリストになってお仕事をするためには資格をとってと思っている方も多いと思いますが、ネイリストには国家資格や公的な資格はありませんのでお仕事はできることになっています。

日本にはネイリストに関連した独自の団体が主催するネイリスト技能技術試験がありますので合格することによってネイリストの認定者としてネイルサロンで仕事をするためには必要な資格になっています。

ランクは1級から3級までありますが合格基準は★1級は国際ライセンスと同等のトップレベルとしての技術やスキルを持っていることが認定条件になります。

★2級はネイルサロンで働けるスキルを持っていることでネイルケアやネイルアートが施術できることになります。

★3級はネイリストの基礎となりネイルケアが正しくできるか等・・・。

1級から3級までの試験に合格して認定されますとネイルサロンに就職するときの資格基準に利用されますのでネイリストを目指す人は試験に合格することが最低の条件になってくると考えます。

各地にネイルアートスクールもありますのでプロを目指す人は検討して見てください。